はるる様・専用 ☆新品・タグ付☆ 人気 Frank&Eileen ピンク

はるる様・専用 ☆新品・タグ付☆ 人気 Frank&Eileen ピンク

未来を見据える一歩進んだセレクトショップ「ロンハーマン」

はるる様・専用 ☆新品・タグ付☆ 人気 Frank&Eileen ピンクどこにでも咲いているというわけではありませんが、公園などでは比較的多く見かけます。
濃いピンク、薄いピンク、白、マーブル系…
奇抜なカラーは少ないでが、代表的なカラーは備えている親しみのある花です。

撮影するには、やはりピンク系が狙いやすいですね。
はるる様・専用 ☆新品・タグ付☆ 人気 Frank&Eileen ピンク
花びらは薄いので、バックショットだと透明感が出て、クールさを表現することもできます。
コスモスを撮る上での難敵は…やはり風でしょう。
茎が細く長いので、ちょっとした風でユラユラし、動き出したらなかなか止まりません。
風がある日のマクロは厳しいかと。
濃いめのピンクは、色潰れしやすいので彩度には気を使いたいですね。(ー)で撮って、必要に応じてソフトで調整するのがベターだと思います。

昆虫と絡めるのは有りです。
むしろ、絡めてナンボかと(笑)
できればコスモスに負けないくらいの蝶、たとえばプレイステーション5">だとかタテハ系の蝶と絡めたいです。これから秋も深まり、どんどん寒くなる季節。久しぶりに東京の夜景を撮りました。CP02 セリーヌ 極美品 マカダム ハンドバッグ ゴールド金具 トリオンフ">で仕事をしていた時には、ほとんど残業はなかったのですが、東京勤務となったらいきなり残業です…「22時までとかマジかよ」って感じです(笑)3時間の通勤がいいのか、2時間の残業がいいのか…とはいえ、通勤時間の「3時間」は、ほぼ無駄な時間だと思ってます。 夏の酷暑の日に撮ったものです。
酷暑の日といっても、ほぼ毎日が酷暑でしたが(笑)
今年も変わらずコロナの影響により、旅行などの計画は立られず…
家の前で水遊びをすることで誤魔化しました(笑)
たかが水遊びかもしれませんが、すごく楽しい一日でした。
思い出というにはあまりにもチープかもしれませんが…
水風船をぶつけ合った楽しい夏の一日でした。


8月の終わりに撮った蝉です。
夏の象徴ともいうべき蝉ですが…
その声も少しずつ寂しさを感じるような鳴き声になってます。
暑くなったり寒くなったりしながら、段々と季節は秋へと移り変わっていきます。
夏を惜しむかのような哀愁漂う季節はすぐそこまで来てます。
7月…一度試着 大谷翔平 フェイス 顔 Tシャツ エンゼルスタジアム配布 正規品">の花が終わりに近づいている頃に撮ったものです。
写っている蝶はヒメアカタテハです。
比較的よく見かける蝶です。
アートなデザインの羽がとても美しいです。
ヒメアカタテハは、人に対してあまり警戒心がないので、接写も難しくはありませんが… 


今年はまだ蝉を撮ってません。
まぁ、毎年「蝉を撮りに行こう!」なんて思いではないのですが…
たまたま見かけたら撮るといった感じです。
その、"たまたま" が今年はないのです(笑)
相変わらず、抜け殻は見かけますが(笑)
抜け殻もまた夏の風物詩ですね。
値下げ◎ジャージセットアップ CULTtokyo">かミンミンゼミだと思うのですが…判断できません。
抜け殻を見るといつも頭に浮かぶものがあります…今年、初めてアゲハチョウ(バッカ(トゥモローランド)ボザムシャツワンピース">)を飼育をしました。
3匹の飼育です。
幼虫から成虫になるまで飼育したわけですが…
正直、楽しかったです。
私自身、子供の頃はカブトムシやクワガタにしか興味がなかったので、蝶の飼育をすることは想定外でしたが…
卵から孵化すると、茶色多めの幼虫となります。
捕食されないよう鳥のフンに擬態しているとのことです。

何度か脱皮を繰り返すと、いわゆる"アオムシ" となりムチムチとした可愛さが出てきます(笑)わが家では、山椒の葉とミカンの葉を与えました。
エサの調達が大変でしたが…
近くの森で山椒の木を見つけてからは調達も楽になりました。

蛹になる2日前〜前日くらいに未消化の下痢便のような大量のフンをします。この下痢便が蛹になる合図ということです。この行動を「ワンダリング」と呼びます。ちなみにですが、わが家の一匹は、せっかく止まり木を用意したにもかかわらず、飼育箱の蓋の裏側に宙吊りで蛹になりました(笑)蛹の色は、糸張りをした場所によって何色がパターンがあるようです。(これも擬態によるものと思われます)


蛹になれば、ただただ見守るだけです。
幼虫だった頃は、エサの調達やフンの始末などがあるので、定期的に"お世話する" ことが義務となっていましたが…蛹になると、10日から2週間ほどで成虫(蝶)となります。蛹の殻を破り蝶の姿で出てきてから1時間半ほど羽を乾かします。蛹から蝶となり、放蝶するまでは目が話せない状況となります。
暴れ出したら放蝶の合図です。
羽を傷めることのないよう自由な空へ放つことができれば、飼育は成功だったのかな思うことができます。



最後になりますが…
今回初めて蝶を幼虫から育てるということを経験しましたが…
こうして記録を取ることは想定していませんでしたので、その都度、写真は撮っていましたが、成長記録のようなもの(体長、脱皮の回数、成長日数など)は取っていませんでした。

引用をストックしました

引用するにはまずログインしてください

引用をストックできませんでした。再度お試しください

限定公開記事のため引用できません。

オートスウィングネムリラ">